AM 10:00-PM 7:00 定休日:日曜日

TEL:06-6484-5631

〒542-0081 大阪市中央区南船場3-1-16-503

国際結婚や結婚(配偶者)ビザの手続き

大阪で国際結婚の手続きや結婚(配偶者)ビザ取得の助言・代行をいたします。



パートナーとともに、日本で新しい一歩を踏み出したいあなたへ

当事務所では、おふたりの幸せな新生活のスタート
親身に主に『国際結婚の手続き』という面からサポート致します。
相談くださいませ。


難しそうな結婚ビザ(配偶者ビザ:在留資格:日本人の配偶者等)の申請もお任せください。
ビザを取ることを諦める前に、ご相談を!
これまで多くの国際結婚を、一組一組サポートしてきた行政書士が、直接お聞きいたします。
何度失敗したことがあっても、当事務所ならば許可がおりることがあります。

はじめまして。
スーラジ国際行政書士事務所の代表行政書士の白石洋子と申します。
私どもの事務所では、ビザの申請や外国や外国人に係る法律手続きを専門に業務を行っています。
国際結婚の手続きや、結婚ビザ(配偶者ビザ:在留資格:日本人の配偶者等)の申請に関して、数多くのご相談・ご感想を頂いております。

『外国』は多数あり、国により、時期により、各々手続きがことなります。そのような中、即答できないこともございますが、経験に基づいた調査により、『国際結婚の手続き』の正確な情報をお伝えできるかと思います。

私共の長年の経験と正確な情報に基づいた適切なアドバイスによって、おふたりの『国際結婚の手続き』がスムーズにいく可能性が高まります。
また、いわゆる結婚ビザ(在留資格:日本人の配偶者等)の申請の許可・交付の可能性が高まります。
おふたりのご希望にそった方針をご提案いたします。

このような『国際結婚の手続き』は、おふたりでなんとかしようと考えると、私どもの経験上、思わぬ落とし穴に陥ることがあるのです。
その上、一度失敗すると、おふたりの関係が微妙なものになってしまったり、お互いの祖国が嫌になってしまったりすることがあります。

このような手続きに邪魔されることなく、
幸せな気持ちで、新しい暮らしを始めませんか。

どうぞ、ご相談くださいませ(相談は有料です)。



お客様の声



国際結婚に関する情報(動画)

国際結婚の手続き:日本のビザの申請書の全力投球の書き方

国際結婚の手続き:日本でのビザの申請での審査官を納得させる理由書の書き方

その他の動画





結婚(配偶者)ビザの必要書類

一般的には、
1.申請書(既定のもの)
2.質問書(既定のもの)
3.身元保証書 (既定のもの)
4.戸籍謄本
5.外国の婚姻証明書等
6.課税証明書・納税証明書
7.住民票(世帯)
8.スナップ写真
になります。
詳しくは、コチラを参照ください。
また、ブログの結婚(配偶者)ビザ申請書の書き方もご参照ください。

国際結婚に関する情報(ブログ)




よくある質問

Q1 自分で出入国在留管理局に行く必要は、全くないのでしょうか。

A1 基本的にはありません。
ごくまれに、出入国在留管理局に行かなければならないことがあります。また、出入国在留管理局から、直接、電話がかかることもあります。しかし、事前に適切なアドバイスを提案することができます。また、後日、フォローすることもできます。

Q2 どのようなご提案がいただけるのでしょうか。

A2 私どもの経験上、「出入国在留管理局」からみて、あなたが、在留資格を保持するのにふさわしい行動しているということを、どのように表現するかをご提案させていただきます。

Q3 どうすれば、日本に滞在し続けることができるでしょうか。

A3 私どもは、あなたの学歴や経験、才能、必要性から、一番適切な方法を一緒に考えていくことができます。

Q4 必要書類が用意できない場合は、どうしたらいいのでしょうか。

A4 私どもは、代わりとなる書類を、あなたと一緒に考えたり、出入国在留管理局に相談したりします。 そして、不提出による不利益を、なるべく最小限に抑えるよう、あなたと一緒に、努力します。

Q5 一度、出入国在留管理局に自分で申請して失敗したのですが、取り返しがつきますか。

A5 私どもは、あなたの提出された書類を丹念に調査し、再申請できる可能性がある場合は、 私どもの経験から、あなたのどの部分を修正すべきかをご提案させていただきます。

Q6 国際結婚は、夫婦共に学生でも可能ですか。結婚(配偶者)ビザはとれますか。

Q7 無職でも結婚(配偶者)ビザで配偶者を外国から呼べますか。

Q8 結婚(配偶者)ビザは、どこに申請したらいいですか。

Q9 外国人配偶者であっても、世帯主になれますか。


手続きの流れ(基本)

  • 1.状況のご相談
  • 2.手続きのご提案

  • 3.ご依頼・契約・前払い金のお支払い
  • 4.(当事務所で婚姻要件等を調査)
  • 5.必要書類のご準備、婚姻届の提出
      (当事務所で用意できるものもございます。)
  • 6.(当事務所で書類の作成)
  • 7.確認(必要があれば修正)
  • 8.サイン・押印等
  • 9.(当事務所で出入国在留管理局へ申請代行)
  • 10.資料提出通知書が入国管理局から送られてくることがあります。
      この場合、おふたりと対応を協議します。
      そして、必要書類のご準備や私共で必要書類の作成をします。
  • 11.結果の通知


報酬

依頼内容 標準額 再申請、その他の場合
ご相談 ¥5,000.- ¥10,000.-
結婚(配偶者)ビザの取得のみ ¥120,000.- ¥150,000.-
結婚(配偶者)ビザの取得と国際結婚手続きの相談(回数無制限) ¥130,000.- ¥170,000.-
結婚(配偶者)ビザの取得と国際結婚手続きの調査 ¥210,000.- ¥250,000.-